ある会社員の闘病記録

鬱?ADHD?単なる仕事疲れ?原因発覚。ただ今攻略中。

広告

MRI

朝一だけ会社に顔を出し、すぐ帰りました。

MRI検査です。

 

病院へ

心配性な私は、例によってまたかなり早めに病院に到着しました。

「検査開始の20分前までに受付にくること」

と言われていましたが、

その20分前の30分前に到着してしまいました。

さっそく受付を済ませると、もともと通知されていた検査開始時間の30分前に声をかけられました。

 

MRI検査

MRI検査の前に、着替えと問診票への記入を行いました。

よく知りませんが、MRIは磁力で体の断面を見るのでしたっけ?

レントゲンはX線だから、仕組みが違うんですね。

で、超磁力をからだにかけるわけで、磁気を帯びるものや電磁誘導が生じてしまうもの?まあとにかく金属全部外さないといけないわけです。

ベルトやら時計やらを身につけたままだとNGなんですね。

問診票も、過去にけがをして体に金属埋めてないかとか、ペースメーカーつけてないかとか、刺青ないかとか。

刺青は色を付けるために、たしか鉄粉とか使うからダメだったかな。

刺青のある人がMRIやると、どうなるんでしょうね?

皮膚が焼けちゃうのかな?

MRI検査受けられるように刺青は入れないのがベターだと思います。

親からもらった大事なからだだから。。。というのでなく。

 

さて、着替えて出てきたら、検査担当が超超美人女医でした。

まあ、だからと言って何もないですがね。

 

検査室に入って、

「動きに弱い検査ですので。動かないようにしてくださいね」

器具を使って、女医に頭を固定されました。

器具と顔の間も、クッション的なものを詰め込まれ頭の位置を固定されます。

「~~~~~だったら、このブザーで知らせてください」

なんかスイッチ渡されました。

超超美人女医に見惚れてて聞いてませんでした。

あの、もう一回言ってください。が言えず、

「はい」と答えました。

たぶん非常事態とか、こわいから止めてくれとか思ったときとかでしょう。

 

さあ、あおむけに寝て機器に頭から入れられます。

 

ゴインゴインゴインゴインゴインゴインゴインゴイン・・・

 

ビーーーーーーーーーー。

 

音が怖いですね。

試験時間はあまり長くないと思いますが、からだを動かさないとウトウトしてしまいます。

でも寝てしまうとブザーのスイッチを落としそうなので眠るわけにも。。。

 

そのうち、

 

ビーーッビーーッビーーッビーーッビーーッビーーッ

 

音が変わった。

検査終わったのかな?

なんだろう。何が起こってるんだろう?

不安に思いつつ、指示があるまで動くわけにもいかず。

 

結局このあともしばらく検査は続きました。

 

しばらく待って機器から排出。

 

脳波測定とMRIの検査結果、そして問診は3日後。